Home > 教員ブログ > G 小林宏至

G 小林宏至

  • 2017-06-13 (Tue)
  • 【ゼミ】

卒論相談

人文学部では6月末までに卒論のタイトルを決めなければなりません。

そのため、この時期は授業の合間を縫って学生が卒論相談に来ます。

 

卒論指導@研究室

 

頭を抱えた学生には、とりあえず福建の鉄観音でおもてなし。

わたしの調査地では、日に5回ほどお茶に誘われますが、

研究室ではわたしがホスト側に回ります。

 

皆さん、考えて考えて、よい卒論が書けますように。

 

 

  • 2016-07-25 (Mon)
  • 【ゼミ】

デザインスクールキャラバン防府(2016)

 

 

防府の中学生と山大の学生が一緒になって、

みなでわいわい、街のデザインを行います。

 

今回で4回目となりましたが、今年は「天満宮周辺の水のデザイン」

「川辺チーム」「水と暮らしAチーム」「水と暮らしBチーム」

「天満宮と参道チーム」「商店街チーム」と5チームに分かれて巡検開始。

 

DSC02635

 

 

巡検後、中学生にアイデアを出してもらい、

チームごとに大学生がそれをまとめます。

 

DSC02625

 

中学生はお昼で解散。その後、山大生は全体で

アイデアをより具体化するためのミーティングを続けます。

 

DSC02639

 

 

今年のテーマは、「うめぇ(梅ぇ)水、幸せます」

ということになりました。後日、アイデアを「見える化」

「触れる化」する作業を行います。

山大生の皆さん、イメージを形にする作業、お疲れ様でした!

 

 

  • 2016-06-14 (Tue)
  • 【研究】

フィールドから

人文学部の小林宏至です。

わたしの調査地は中国福建省なのですが、先日フィールドから端午節の季節なのでチマキを作りました。というメールをもらいました。現地客家社会は旧暦で「動いて」います。

ちまき web用

 

かつてこそフィールドワークというと、いわゆる「未開」社会に入っていく感じでしょうが、現代はメールを駆使して現地の状況を教えてくれたりします!わたしもすぐに山口の写真を送りました。

Home > 教員ブログ > G 小林宏至

プロフィール
の写真

小林宏至

「圧倒的な他者との遭遇」を通して人間とは何かを考えることを続けよう。

【コース】

社会学コース

【分野】

民俗学・文化人類学

【研究領域】

文化人類学・社会人類学

教員ブログカテゴリー

ページの先頭へ