Home > 学生の今 > 人文学部を志す人へ、在学生からのメッセージ

人文学部を志す人へ、在学生からのメッセージ

  • 2014-01-23 (Thu) 15:51

自分を成長させられる場 人文社会学科 1年 橋本淑耶(2014年1月)

私が大学に入って変わったことは、両親に任せきりだった生活が、自分のことは自分
でできなくてはならない生活になったことです。大学に入学してからは一人暮らしな
上、毎日の料理や掃除、講義のための登録、光熱費の支払いなど全て自分で行わなく
てはならなくなりました。一見良いことはないように見えますが、これは社会に出て
行くための重要なステップだと思います。また、面白いこともたくさんあります。自
分の興味ある講義や、高校の時には行けなかったような県外にも出かけて行けます。
大学はとても自分を成長させられる場であると私は考えます。受験生のみなさん、受
験はきついとは思いますが、頑張ってください!
fridge

今しかできないことができる 言語文化学科 1年 高山瑛子(2014年1月)

 まず、大学に入って高校と違ったことは、授業数が高校より少ないことと、やらされてやることが少なくなったことです。
 授業は、修得していい単位数に上限があって、その単位を修得するために受けたい授業を選ぶのですが、高校の時に受けたような内容とは違った授業がたくさんあり、すごく楽しいと思います。例えば、英語の授業でパソコンを使ったり、粘土で作品を作成したり、アニメの絵を描いたりする授業もありました。
 また、大学ではやらされるということが少ないので、あっという間に過ぎていく大学生活の中で、今しかできないことをできるかどうかは、自分次第だと思います。
 大学に入って新しいことを始めたかった私は、ボート部に入部しました。ボート部は合宿所で集団生活をするのですが、大学生はもう生徒ではないので、練習内容は自分で決め、自炊も自分達でやります。いつも先生に指導してもらうわけではありません。自分達で、勝つために選手は練習に打ち込んだり、マネージャーは献立を決めてご飯を作ったりします。こういった点も、高校と違うと思います。
 写真は、インカレでの風景です。このように、大学は、やらされる、やってもらうというより、自炊でも、勉強でも、バイトでも、部活でも、「自分で」決めてやるというイメージが強いです。自分次第で、大学生活を何色にも染めることができます。それはつまり、今しかできないことは、たくさんあるということです。
 ぜひ山口大学に入学して、今しかできないこと、やりたいことをいっぱい見つけて欲しいです。応援しています!
boat

きっと春に笑えます 言語文化学科 1年 佐々木 楓(2014年1月)

○大学生活1年で変わったこと
一人暮らしを始めて、お金の管理も家事も全部自分でしなければならなくなりました。自由で楽しくもあるけれど、やはり一人は大変で、家族がいてくれる有り難みを強く感じます。

○高校と大学の大きな違い
・自分で授業を自由に選べる
・クラスが無い
・平日なのに休みにできることもある
・広い

○授業「感性と表現(表現演習)坪郷・アラム先生担当」の紹介
創作始めは凄く難しいし、自分は何を伝えたいのかと考え始めたら混乱してきますが、段々楽しくなってきます。そして完成した作品を見ると、満足感でいっぱいになります。

○受験生の皆さんへ
大学生、とても楽しいですよ!たくさんバカできる大事な友達も出来ます。今は辛いと思いますが、今頑張った分だけきっと春に笑えます。体調に気を付けて、無理はしすぎないでくださいね。私達も応援しています!
boat

楽しい人文学部 人文社会学科 1年 野田すみれ(2014年1月)

人文学部、とは何だろう?と思われる方も多いと思います。2年生になると人文社会学科は、哲学・思想、歴史学、社会学の3つコースに分かれ、言語文化学科は、日本語学・日本文学、中国語学・中国文学、英語学・英米文学、ヨーロッパ言語・文学、言語情報学コースの5つのコースに分かれます。

人文学部は、名前の通り、“人”について学ぶ学部だと思います。哲学・思想も、歴史も、社会も、言語も、文学も全部人が作ってきたものです。そう考えると、人文学部とは、とても幅広い分野を学べるところです。1つの学部に幅広い分野があるので、自分の専門分野だけではなく幅広い知識が身につくと思います。また、人文学部では、教員免許や学芸員、司書、社会調査士の資格を取ることもできます。

あと、人文学部棟は改修工事中なので、今受験生のみなさんが山口大学に入学される頃には素敵な校舎で過ごせますし、なんといっても人文学部棟には可愛い猫たちがいます!ぜひぜひ学部棟も楽しみにしていただきたいです。

山口はのんびりゆったりした、とてもいいところです。自転車で色々な所に行けるし、自然も多いし、少し遠出すれば福岡や広島に行けるし、とても暮らしやすいと思います。ぜひこの山口大学人文学部で素敵な大学生活を送ってほしいと思います。
cat

心から応援しています! 人文社会学科 1年 大田 慶(2014年1月)

私が山口大学に入学して9ヶ月ほど経ちました。時々受験生の時の私を思い出し、あの時頑張ったから、今とても楽しい大学生活を送れているんだと感じます。大学生活は本当に楽しいです。受験生時代に志望校のパンフレットやホームページを見たりして思い描いていた華やかな大学生活が本当に送れます! 

受験はとても辛いし寒いしプレッシャーもあり大変ですが、合格して迎える暖かな春ほど希望に満ちあふれた季節はありません。あと少し、どうか最後まで諦めず、合格をつかみとってください! 心から応援しています!

Home > 学生の今 > 人文学部を志す人へ、在学生からのメッセージ

人文学部 明日をつかもう!
ピックアップ研究室
藤川 哲研究室

藤川 哲  研究室

展覧会へ出掛けましょう。作品との出会いが美術史の出発点です。

人文学部 年間行事予定

ページの先頭へ