Home 教員紹介 | 人文学科 | 欧米言語文学コース 池園 宏

教員紹介

人文学部人文学科 欧米言語文学コース

池園 宏

IKEZONO Hiroshi
英語や英国や読書が好きな方へ ― 英国小説の世界にご案内します。
分野英文学
担当授業
(学部)
英米文学史(イギリス)
英文学特殊講義(イギリス)
英文学講読(イギリス)
英文学演習(イギリス)
英文学卒論基礎演習
英文学卒論発展演習
担当授業
(研究科)
英米文学論(イギリス)
英米文学論演習(イギリス・19世紀以前)
英米文学論演習(イギリス・20世紀以後)

主な研究内容

専門は英文学で、特に19世紀の英国小説を中心に研究をしています。歴史的に見れば英国が大きな進歩を遂げたこの時代は、同時に文学史上多数の小説家が誕生し、小説という文学のジャンルが飛躍的に発展した時期でもあります。作品中に具現化された様々な人間像や社会像を読み解く作業は、それ自体が大きな喜びであるとともに、我々現代人にとって多くの価値や意義を持つものだと考えます。授業では、学生の皆さんとともに小説作品を鑑賞し、いろいろな議論を交えながら、作品世界への理解を深めていきます。皆さんも一緒に英国小説の豊かな世界を味わってみませんか。

学問のことなど

私が現在の道に進んだのは、文学、英語、そして英国という三つの領域への関心があったからです。もともとフィクションの世界に浸るのが好きだったのに加え、それを英語という魅力的な言語で読み、さらには作品の背景となる英国の文化や歴史を発見、確認していくという作業に、大きな価値を見出しています。
文学テクストを読み解くには、まず何よりも言語に対する鋭敏な感覚や正しい知識が必要となります。しかも、それが母国語によるものではない場合は、なおさら注意を要します。作品のテーマや作家の世界観をできるだけ的確に把握するためには、書かれている単語一つ一つのレベルにまでこだわりを持ち、辞書を丹念に引きながら、作品全体へと解釈を広げていくことが大切です。その過程で作品の背景的知識を学ぶ必要性が生じれば、その調査や考察に時間を割くことも多々あります。そのような地道な作業の大変さと喜びを実感し、その先に一筋の光が見えてくることを期待しながら、日々の研究を行っています。

さらに詳しく知りたい方へ

→ 池園 宏ブログ
→ 山口大学 人・知・技(池園 宏)

Home 教員紹介 | 人文学科 | 欧米言語文学コース 池園 宏

人文学部 明日をつかもう!
ピックアップ研究室
山口睦研究室

山口睦  研究室

文化の違い、民族の違い、いろんな“違い”を大切に生きていく

人文学部 年間行事予定

ページの先頭へ