Home 研究活動 研究推進室

研究推進室

研究推進室は、平成19年9月、人文学部の研究に関する目的・目標に基づき、教員が行う個人研究及び共同研究の質の向上を目指して研究の諸側面で支援を行うために設置されました。当室では、

  1. 学部が進める重点研究への支援
  2. 若手教員の研究支援
  3. 博士の学位取得希望者への支援
  4. 在外研修・内地留学希望者のへ支援
  5. 研究経費の適正な配分の実現
  6. 競争的な外部資金の獲得支援

などを、主な事業としておこなっています。

近年、科学研究費補助金により実施された研究

研究種目、代表者、課題名、研究分野、期間、研究成果

終了年度(2015年)

  • 基盤研究(C)、和田 学、日本語と韓国語の複雑述語とモジュール形態論、言語学、2013年度~2015年度
  • 基盤研究(C)、太田 聡、日英語対照による語形成のメカニズムと音韻構造に関する研究、言語学、2012年度~2015年度
  • 基盤研究(C)、高橋 征仁、若者の政治的無関心とシルバーポリティクスにカンする社会学的研究、社会学、2012年度~2015年度
  • 基盤研究(C)、富平 美波、「切字釈疑」の研究、言語学、2013年度~2015年度
  • 基盤研究(C)、更科 慎一、中国における言語特徴の地理的分布に関する研究、言語学、2013年度~2015年度
  • 新学術領域研究、高橋 征仁、青年期における法意識の揺らぎに関する進化心理学的アプローチ、法と人間科学、2014年度~2015年度
  • 若手研究(B)、石田 俊、近世公武社会の奥向きの形成・展開に関する研究、日本史、2014年度~2015年度

終了年度(2014年)

  • 基盤研究(C)、藤永 康政、ポスト公民権時代の米国の北・中西部年における人種関係の変容に関する地域研究、地域研究、2012年度~2014年度
  • 基盤研究(C)、坂本 貴志、ヨーロッパ近代における「宇宙論的神学」の生成について、ヨーロッパ文学(英文学を除く)、2012年度~2014年度
  • 基盤研究(C)、真木 隆行、中世王権の密教僧に対する布施と観賞、日本史、2012年度~2014年度
  • 基盤研究(C)、根ヶ山 徹、山口大学所蔵準漢語の書誌学的研究と分類目録の作成、各国文学・文学論、2011年度~2014年度
  • 基盤研究(C)、阿部 泰記、中国近現代における宣講活動による民衆教化に関する調査研究、各国文学・文学論、2011年度~2014年度
  • 基盤研究(C)、湯川 洋司、山村社会の「自律性」に関する民俗学的研究、文化人類学・民俗学、2011年度~2014年度
  • 若手研究(B)、岡邊 健、犯罪の重大性の認識とその規定因に関する犯罪学的研究、刑事法学、2012年度~2014年度

終了年度(2013年)

  • 基盤研究(A)、橋本 義則、比較史的観点からみた日本と東アジア諸国における都城制と都城に関する総括的研究、日本史、2010年度~2013年度、pdf
  • 基盤研究(C)、柏木 寧子、神・仏観念の生成と展開に関する倫理学的研究、哲学・倫理学、2011年度~2013年度、pdf
  • 基盤研究(C)、乾 秀行、オモ系少数言語バスケト語の文字選択および母語教材作成に関する調査研究、言語学、2011年度~2013年度、pdf
  • 基盤研究(C)、田中 誠二、近世後期?幕末期の和市変動と萩藩財政の研究、日本史、2011年度~2013年度、pdf
  • 基盤研究(C)、馬 彪、出土文字・発掘資料による秦王朝各地方における禁苑の分布・構造及び意義に関する研究、東洋史、2011年度~2013年度、pdf
  • 若手研究(B)、尾崎 千佳、書跡資料の調査分析を中心とした付合文芸の諸相に関する研究、日本文学、2010年度~2013年度、pdf

終了年度(2012年)

  • 基盤研究(C)、アラム・ジュマリ、ヒトと動物の宗教関係:日本・ジャワ・バリ・アボリジニの日常生活を通して比較する、宗教学、2010年度~2012年度、pdf
  • 基盤研究(C)、岩部 浩三、総称文における法性と数量化について、英語学、2010年度~2012年度、pdf
  • 基盤研究(C)、赤羽 仁志、脱焦点化現象についての比較統語論研究、英語学、2010年度~2012年度、pdf
  • 基盤研究(C)、村田 裕一、刃部研ぎ分け紋様を有する武器形青銅器の施紋研磨技術と系統解明のための実験的研究、考古学、2010年度~2012年度、pdf
  • 基盤研究(C)、纐纈 厚、台湾・朝鮮・「満州国」における植民地官僚の総合的研究、政治学、2010年度~2012年度、pdf
  • 基盤研究(C)、富平 美波、「切字釈疑」訳注、言語学、2008年度~2012年度、pdf
  • 若手研究(B)、周藤 多紀、ポルピュリオスとポルピュリオスの伝統、哲学・倫理学、2010年度~2012年度、pdf
  • 若手研究(B)、田中 均、「ツアー・パフォーマンス」の独自性と意義――調査と分析による解明、芸術学・芸術史・芸術一般、2010年度~2012年度、pdf
  • 若手研究(B)、更科 慎一、地理情報システムを用いた中国の諸言語に関する言語類型地理論的研究、言語学、2010年度~2012年度、pdf
  • 研究活動スタート支援、村上 龍、ヴィクトール・バッシュ研究-ドイツ哲学の受容に努める同時代の思 想的環境にてらして、美学・美術史、2011年度~2012年度、pdf

終了年度(2011年)

  • 基盤研究(B)、辻 正二、現代社会におけるスピード化と人間のリズムのズレに関する時間学的総合研究、社会システム工学・安全システム、2009年度~2011年度、pdf
  • 基盤研究(C)、古荘 真敬、ヒリズムの超克―ベルクソニスムによるハイデガー哲学の脱構築を通じて―、哲学・倫理学、2009年度~2011年度、pdf
  • 基盤研究(C)、坂本 貴志、ドイツ近代とヘルメス的伝統についての研究、ヨーロッパ文学(英文学を除く)、2009年度~2011年度、pdf
  • 基盤研究(C)、和田 学、朝鮮語と日本語の受動文の生成的対照研究、言語学、2009年度~2011年度、pdf
  • 基盤研究(C)、小谷 典子、日本と台湾におけるボランタリズムと社会資本の多様化に関する比較研究、社会学、2009年度~2011年度、pdf
  • 基盤研究(C)、高橋 征仁、<悪>のグレースケール形成に関する社会学的研究、社会学、2008年度~2011年度、pdf

終了年度(2010年)

  • 基盤研究(B)、乾 秀行、「オモ・クシ系少数言語の調査研究及び地理情報システムを用いたデータベース構築」、言語学、2007年度~2010年度
  • 基盤研究(C)、山本 真弓、「南アジア周縁地域から日本への人的移動とネットワーク形成」、地域研究、2008年度~2010年度
  • 基盤研究(C)、柏木 寧子、「神・仏観念の共存と相互排除をめぐる倫理思想史的研究-超越観念の再規定の試み-」、哲学・倫理学、2008年度~2010年
  • 基盤研究(C)、藤川 哲、「インディジェネス・ビエンナーレの視角から考える国際美術展の土着性」、美学・美術史、2008年度~2010年度
  • 基盤研究(C)、根ヶ山 徹、「山口大学所蔵和漢古典籍の書誌学的研究と分類目録の作成」、各国文学・文学論、2008年度~2010年度
  • 基盤研究(C)、太田 聡、「時制とその周辺領域の発展的研究」、英語学、2008年度~2010年度
  • 基盤研究(C)、湯川 洋司、「近代山村開発史の民俗学的研究-熊本県五木村を事例にして-」、文化人類学・民俗学、2008年度~2010年度

終了年度(2009年)

  • 基盤研究(B)、橋本 義則、「東アジア諸国における都城及び都城制の比較を通じてみた日本古代宮都の通時的研究」、日本史、2007年度~2009年度、pdf
  • 基盤研究(C)、坪郷 英彦、「中国地域における草屋根葺きの技術文化研究」、文化人類学・民俗学、2007年度~2009年度、pdf
  • 若手研究(B)、尾崎 千佳、「西山宗因を中心とした連歌師の行動様式と武家文化の相関性に関わる研究」、日本文学、2007年度~2009年度、pdf
  • 若手研究(B)、真木 隆行、「後七日御修法に関する基礎的研究」、日本史、2007年度~2009年度、pdf

終了年度(2008年)

  • 萌芽研究、辻正二、「現代社会におけるスピード化と人間のリズムのズレに関する時間学的総合研究」、社会システム工学・安全システム、2007年度~2008年度、非掲載
  • 基盤研究(C)、阿部 泰記、「湖北省の無形文化財「漢川善書」における聖諭宣講の継承発展に関する総括的調査研究」、各国文学・文学論、2007年度~2008年度、pdf
  • 基盤研究(C)、小谷 典子、「ネットワーク型社会における企業の社会貢献活動の現状と課題」、社会学、2005年度~2008年度、pdf

終了年度(2007年)

  • 基盤研究(C)、宮原 一成、「現代英国系小説における現在時制語りの研究」、ヨーロッパ語系文学、2006年度~2007年度、科研DBに掲載
  • 基盤研究(C)、纐纈 厚、「東北アジアの信頼醸成の方法と課題」、政治学、2006年度~2007年度、科研DBに掲載
  • 基盤研究(C)、豊澤 一、「日本における超越観念の深層構造に関する倫理学的基礎研究-神・仏・天の歴史的展開とそれを貫くものの把握の試み-」、哲学・倫理学、2005年度~2007年度、科研DBに掲載
  • 基盤研究(C)、富平 美波、「裔敬の音韻研究について-『毛詩原解』の音注の分析を中心とした研究-」、言語学、2005年度~2007年度、科研DBに掲載
  • 基盤研究(C)、馬 彪、「「雲夢龍崗秦簡」の注釈による秦史の再構成に関する研究」、東洋史、2005年度~2007年度、科研DBに掲載
  • 基盤研究(C)、高橋 征仁、「道徳意識の類縁化作用に関する比較文化的研究」、社会学、2005年度~2007年度、科研DBに掲載
  • 若手研究(B)、藤川 哲、「国際美術展における脱欧米中心主義思潮の興隆の経緯についての研究」、美学・美術史、2005年度~2007年度、科研DBに掲載
  • 若手研究(B)、坂本 貴志、「ヨーロッパ近代における「神性」の変容」、ヨーロッパ語系文学、2005年度~2007年度、非掲載

終了年度(2006年)

  • 基盤研究(A)、橋本 義則、「東アジア諸国における都城および都城制に関する比較史的総合研究」、日本史、2004年度~2006年度、科研DBに掲載
  • 基盤研究(B)、乾 秀行、「オモ・クシ系少数言語の調査研究及び地理情報システムを用いたデータベース構築」、言語学、2004年度~2006年度、科研DBに掲載
  • 基盤研究(C)、阿部 泰記、「湖北省における漢川善書の宣講活動の実態に関する調査・研究」、各国文学・文学論、2005年度~2006年度、科研DBに掲載
  • 基盤研究(C)、根ケ山 徹、「『牡丹亭還魂記』校合」、各国文学・文学論、2004年度~2006年度、科研DBに掲載
  • 基盤研究(C)、坪郷 英彦、「生活改善運動を要因とした関東山地及び周辺地域の居住習俗変化の実証的研究」、文化人類学・民俗学、2004年度~2006年度、科研DBに掲載
  • 基盤研究(C)、湯川 洋司、「川辺川ダム建設計画に伴う熊本県五木村の村落再編過程に関する民俗学的調査研究」、文化人類学・民俗学、2004年度~2006年度、科研DBに掲載
  • 若手研究(B)、尾崎 千佳、「新出資料を中心とした近世前期連歌学書の研究」、日本文学、非掲載

関連ブログ

Home 研究活動 > 研究推進室

人文学部 明日をつかもう!
ピックアップ研究室
武本 雅嗣研究室

武本 雅嗣  研究室

ヨーロッパの諸言語を学ぶと、英語の特徴もみえてきますよ。

人文学部 年間行事予定

ページの先頭へ