Home 教員紹介 | 人文学科 | 図書館司書養成課程 松田 泰代

教員紹介

人文学部人文学科 

松田 泰代

MATSUDA Yasuyo
インターネットの出現が図書館を面白く進化させます。知の広場としての機能をもう一度考えましょう。
分野
担当授業
(学部)
図書館概論
図書館制度・経営論
図書館情報資源概論
情報資源組織論
情報資源組織演習
図書館基礎特論
図書館情報資源特論
図書・図書館史
図書館総合演習
図書館実習
担当授業
(研究科)

主な研究内容

国家公務員試験に合格し、最初に配属されたのは京都大学附属図書館参考調査掛でした。日々の参考調査業務以外にあたえられたタスクはふたつ、ひとつは「UnCover and UnCover2」という論文を翻訳すること、もうひとつは展示会「京洛出版の軌跡」の仕事でした。前者はまったく目がでませんでしたが、後者はすばらしい出会いを与えてくれました。この仕事では、濱田啓介先生から直伝で古典籍資料の扱い方、書誌の採り方を教わり、そして貴重書室にこもって書誌を採る日々が続きました。展示資料のうち八文字屋本の部分を担当したのがご縁で、日本近世出版文化史が現在の研究テーマになっています。あの時、五山版や古活字版を担当していたら、別のテーマを追っかけていたと思います。研究も出会いが大切だと思います。

学問のことなど

人類の知を集積する機関としての図書館機能は、古くから存在します。1850年におこなわれた調査によりアッシリア帝国の王宮に文庫が存在したことが確認されています。一方、すべての人に開かれた図書館の概念は、近代公共図書館に成立により広がります。その精神を著したランガナタンの著書『図書館学の五法則』(1931)は図書館情報学の礎です。さあ、ランガナタンの五法則から始めましょう。
1.図書は利用するためのものである
2.いずれの読者にもすべて、その人の図書を
3.いずれの図書にもすべて、その読者を
4.図書館利用者の時間を節約せよ
5.図書館は成長する有機体である
(森耕一監訳 日本図書館協会 1981年)より

人類の知を集積する機関としての図書館機能は、古くから存在します。1850年におこなわれた調査によりアッシリア帝国の王宮に文庫が存在したことが確認されています。一方、すべての人に開かれた図書館の概念は、近代公共図書館に成立により広がります。その精神を著したランガナタンの著書『図書館学の五法則』(1931)は図書館情報学の礎です。さあ、ランガナタンの五法則から始めましょう。

1.図書は利用するためのものである

2.いずれの読者にもすべて、その人の図書を

3.いずれの図書にもすべて、その読者を

4.図書館利用者の時間を節約せよ

5.図書館は成長する有機体である

(森耕一監訳 日本図書館協会 1981年)より

さらに詳しく知りたい方へ

→ 松田 泰代ブログ
→ 山口大学 人・知・技(松田 泰代)

Home 教員紹介 | 人文学科 | 図書館司書養成課程 松田 泰代

人文学部 明日をつかもう!
ピックアップ研究室
小林宏至研究室

小林宏至  研究室

「圧倒的な他者との遭遇」を通して人間とは何かを考えることを続けよう。

人文学部 年間行事予定

ページの先頭へ