Home 人文科学研究科 研究科長室

研究科長室

人文学部長 高木智見

高木人文学部長

大学院において学生が身につけるべき諸能力は、基本的に学部のそれと変わらない。しかし、より高度専門的かつ斬新独創的な研究成果を創出するためには、学生自身が問題意識をより明確にして、独自の視点を備え、それにふさわしい研究手法を自ら模索・確立することが強く求められる。しかも重要なことは、そうした作業は、学生が自分自身の力で遂行することにかかっているという点である。

山口大学人文科学研究科おいては少人数教育の長所を生かし、教員は、日々の指導において学生と正面から向き合い、自らの研究作業と論文執筆の全過程を懇切に開陳している。それによって、学生が教員の方法や経験を自らの力で学び取る機会を提供しつつ、その自立的な成長を促し見守っているのである。

学生はそうした機会や学生同士の切磋琢磨を通して、自分自身の視点や手法を造りあげ、幅広い視野、全体的教養、高度な専門知識、鋭い洞察力、豊かな構想力、強靱な知的体力を身につけることができる。

この研究科をさらに輝かすことができるのは、青春の二年を学問に献げようとしている、あなたです。

Home 人文科学研究科 研究科長室

人文学部 明日をつかもう!
ピックアップ研究室
柏木 寧子研究室

柏木 寧子  研究室

私たちの存在は私たち自身にも謎。でも古人の知恵で照らすなら―

人文学部 年間行事予定

ページの先頭へ